団内紹介

《客演指揮者 松井 義知》

.  大阪音楽大学声楽科卒業。1969年、在学中に日本テレマン協会テレマン室内合唱団の設立に加わる。

以後、G.Ph.Telemannの作品をはじめバロック時代の合唱曲を数多く演奏。

.  1985年3月、東ドイツ政府文化省から「生誕300年記念国際バッハフェスティバル」への招待をテレマン室内オーケストラとともに受け、東ベルリン・ライプツィヒをはじめ8都市で公演。現地新聞等で“完璧、傑出、洗練”と絶賛を博す。

.  またカトリック夙川教会における「教会音楽シリーズ」は最も重要な演奏の場で、その公演回数は180回を超える。

現在、日本テレマン協会コア・マスター、テレマン室内合唱団・団長。

*****************************************************************************************************************
《常任ピアニスト 福島 久仁子》
.   大阪音楽大学ピアノ科卒業、奨学金を得てアメリカ・インディアナ州立ボール大学大学院終了。
インディアナ州学生選抜音楽会、学生音楽コンクール、チリ国際声楽コンクールに招聘され好評を得る。
.  オペラでは佐渡裕、西本智実、D.ヒューゼル、O.ドホナーニ氏らのもとで、モーツァルト四大オペラ、カルメン、こうもり、椿姫などのリハーサルピアニストを務める。
.  現在は歌曲伴奏を中心に活動、サロンコンサート等の企画・主催、後進の指導にも力を入れている。
福島写真

*****************************************************************************************************************
《指揮者 上床 博久》
.  京都大学医学部卒業。在学中に京都大学男声合唱団・京都大学混声合唱団の指揮者を務める。
1996年に男声合唱団アルマ・マータ・クワイアに入団。1998年から指揮者。
.  多田武彦氏の作品にほぼ毎年取り組み、2008年には委嘱作品「春のいそぎ」を初演した。
声楽を田中千都子氏、指揮法を四野見和敏氏、佐々木宏氏に師事。
上床写真③

*****************************************************************************************************************
《指揮者 太田 茂之》
.  京都大学農学部卒業後、奈良先端科学技術大学院大学にて博士後期課程修了。
京都大学在学中に京大合唱団(混声)の指揮者を務める。
.  2016年に男声合唱団アルマ・マータ・クワイアに入団。2018年より指揮者。
教会聖歌隊、Barbershop Chorusを含め、幅広いジャンルで指揮を行う。
.  生涯現役のコーラス、指揮法、発声法を研究のテーマに活動。

.  指揮法、アンサンブル法を斉田好男氏に師事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です