団内紹介

 暑い7月29日(土)の練習後、河原さんのご紹介で「阪急グランドビル19階『関西文化サロン』」にて20名のご参加をいただきAWCを開催しました。
皆さんのご感想を掲載いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 昨日のAWC例会は皆様と会場とワイン発注のお世話をいただいた河原様のお陰で、おいしいワインと料理を堪能して楽しいひと時を過ごすことが出来ました。お礼を申し上げます。 ワインは用意していた24本の内、19本を飲み干し、5本余りましたが出席者が20名でしたので、一人当たり約1本を飲んだことになります。皆さん、お強いですね。それにしても最初に飲んだBugeyBrut発泡酒は喉が渇いていたこともありますが美味しかったですね。 
             幹事 森崎 実
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 楽しい会をお世話いただき、有難うございました。おいしいワインと食事を心置きなく楽しませていただきました。場所も素晴らしく、総じてアルマとAWCの伝統の豊かさを再認識いたしました。 又参加された方々とも色々お話ができて、貴重なご意見もお聞かせいただき感謝いたします。 次回のAWCが待ち遠しいところですが、それまでの毎回の練習が更に楽しくなることを念じております。
             上床 博久
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
楽しい企画ありがとうございました。美味しいワインと食事、魅力的な環境での音楽などに関する信頼できる仲間との談論風発、いや、楽しい時間でした。
              竹山 清明
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 昨夜は、素晴らしいワイン、料理、会場をご準備いただき、ありがとうございました。 席順を抽選にしていただいたおかげで、普段はほとんど話しができない先輩諸兄と楽しく会話を楽しむことができ、思わぬ発見もありました。本当にアルマは奥が深いですね。また、私にとっては体調の回復と、変わらずアルコールを楽しめることをしっかりと確認でき、本当にハッピーなひとときになりました。ありがとうございました。
             北島 政憲
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 昨夜は楽しいひと時をご一緒出来て嬉しい限りでした。有難うございました。 卓を囲んで気の合ったメンバーと美味しい料理とワインの3点セットがシンポジアであり、そこから色々な話題で盛り上がり談論風発、これぞ至福の時です。こういう状態をフランス語で Convivial, Convivialite と言います。 楽しいひと時を共有し生きている喜びを実感する、という意味でもあろうかと理解しています。 フランスに暮らし、フランス人との付き合いの中で教えられた最もフランス的なフランスの単語として印象に残った私の大好きなフランス語の一つです。こういう状況を醸し出す影の演出家がワインだと思います。 Vive le Vin! Vive AWC!
             河原 達
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
“Convivial”という含みの深い言葉の意味についてお教えいただきありがとうございました。少し昔ですが、Ⅰ.イリイチの本を読み齧った時期がありまして、“コンヴィヴィアル”という言葉が説明抜きでしばしば登場し、小生はしっかり理解できないままに”いきいきとした”とか”共生的な”という程度に受け止めて読み流してきたのですが、真意をぴたりとお教示いただき<なるほど!>と膝を叩く思いでした。   感謝。  
             福田 伸
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
土曜日のAWC会は久しぶりの開催でしたが、素晴らしいワインの数々、美味しい食事、ゆったりした雰囲気の会場、等など相俟ってとても楽しいAWC会となりました。
皆様に心から感謝致します。
最後にじゃんけんで赤ワイン1本得ましたので家に持ち帰り、大事に保管しています。いつ飲もうかと今から楽しみです。
次のAWC会を心待ちに待っています。
坂井 俊朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です