団内紹介

創立70周年記念米国演奏旅行が下記のように開催されます。
1.日程
. 8月29日(木)~9月5日(木)
2.行き先
. サンフランシスコ・ロスアンジェルス
3.演奏

. ・日系敬老施設「こころ」訪問演奏(8月30日) サンフランシスコ
. ・「シカモア教会」の礼拝にて賛美歌(9月1日午前)(午後、交流会)
. ・同教会礼拝堂にて「アルマ演奏会」(同日午後)
. ・日系混声合唱団「L.A.Daiku」訪問・演奏交流会(9月3日) ロス
4.参加者 合計:22名
. 団員:17名+伴奏ピアニスト
. 団員家族:4名

.

《旅行団を送ることば》

..アルマ創立70周年を記念して行われる「創立70周年記念米国演奏旅行」旅行団の出発がいよいよ数日の後に迫りました。

..アルマとしては久しぶりの海外への演奏旅行であり、創立70周年記念行事の一環として実現できたことは、一団員として喜びにたえません。

..ご家族4人を含む総勢22人の諸兄姉皆様、どうか道中ご無事でサンフランシスコの町中にわがアルマの歌声を響かせ、かの地で暮らす日系の人びとはもとより、アメリカの人びととよく交流され、国際親善の実を挙げられんことを期待いたします。

..元気で旅立ち、心の収穫をたくさん得て無事帰国されんことを心から祈念しています。

..参加者が22人と形の上ではやや小規模となりましたが、これは私も含め参加できなかった団員のやむを得ざる個別の事情によるもので、心情としてはみなこの団としての記念行事に参加し、旅行団の諸兄姉と心を一つにしています。
.

..思い起こせば、アルマの海外演奏旅行の歴史は平成8(1996)年9月に始まります。

..これは創立50周年記念行事の一環として企画し、実行したもので、前後10日間で独、墺、伊3国をめぐり、4カ所で演奏会を開きました。

..アルマが日本経済の高度成長に起因する団員減少による活動の停滞期を脱し、再び上昇、充実に向かっていた時期と軌を一にしたこの演奏旅行はアルマの拡大、充実、技術面の向上に大きな役割を果たしました。

..次いで、平成11(1999)年5月には韓国ソウルで行われた日韓合唱祭に日本側4団体の一つとして参加し、ソウル芸術センター・コンサートホールでの演奏会に出演し、韓国の合唱事情を肌で感じることが出来ました。

..さらに平成14(2002)年初頭、韓国有数の男声合唱団・コリア男声合唱団から相互交流の申し入れを受け、大阪とソウルを交互に行き来して演奏会を行うなど、3年間にわたって交流が続きました。
..また、団の正規行事ではなく有志行事ではありましたが、平成14(2002)年8月から9月にかけて団員、家族合せて48人がロシア、ウクライナ音楽旅行を行い、特にウクライナの芸術大学教員、学生と親密な交流を行いました。

..このほか、韓国済州島のチェジュ大学を訪れ、音楽関係者と交歓演奏会を行ったこともありました。
..これまでにアルマではこのような多彩な海外演奏旅行史がありますが、今回の米国演奏旅行は、これにさらに輝かしい一頁を加えるもので、まことに喜ばしく思います。

..海外演奏旅行は、1週間あまりの長期間を団員、家族が起居を共にし、同一時刻に同一目的に向かって行動することを通じて、ごく自然に団結とメンタルハーモニーが生まれる副次的効果があり、これが団の充実に大きなプラスを齎します。

..今回の米国演奏旅行に参加する団員も、事情あって参加できない団員も、8月29日から9月5日まではともに動き、ともに練習し、ともに演奏する気持ちで、一体となって動きたいと思います。
…では、米国演奏旅行に出発する団員・家族の諸兄姉皆様、お元気でよき旅立ちを!!

..      令和元年8月24日
..                 アルマ・マータ・クワイア団員

..                                                                                         増田 博

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です